log

life log of a man, by a man, for a better future

ラッキーナンバーのサバ缶と下関・門司港の思い出

f:id:d_ymkw:20200501224844j:plain

ふと深夜に開けたサバ缶の製造日・消費期限にラッキーナンバーを見出した。

今年に入ってから波が来ている気がしてならない。

f:id:d_ymkw:20200501224849j:plain

このさばの水煮は単体だと、味が薄くてマヨネーズを追加した。カロリーが気になったのだけど美味でした。

・・・

妻とこどもたちが寝静まってからお茶の時間。他愛もない雑談が楽しい。

f:id:d_ymkw:20200501233844j:plain

学生時代に、下関・門司港に旅行したことを思い出した。

行くとこ行くとこ、ご飯・お菓子が美味しかったなぁと。

f:id:d_ymkw:20200501230437j:plain

とても楽しかった思い出しかないので、落ち着いたらこどもたち2人を連れていきたいなという話をした。

f:id:d_ymkw:20200501230441j:plain

色々巡った中でも、カフェオレ名人にカフェオレを淹れてもらったのが印象的だったなぁと。洋館のカフェで、カフェオレを目の前で淹れて頂いたのだけど、その名人芸がすごかったなぁという話をしたり。

f:id:d_ymkw:20200501234035j:plain

その当時は『タンクトップで場違いな場所に来てしまった?!』と恐縮してしまった記憶しかないのだけど、

今思い返すと、1mの高さからコーヒーとミルクをこぼすこと無くカップの上に注いでカフェオレを作る、というあの名人芸は並大抵のことではなかった。

f:id:d_ymkw:20200501234231j:plain

今、こどもたち2人を連れて行って見せたら感激するんじゃなかろうか。と思ったのだけど、

なんという店だったか思い出せなくて、

2人でわずかな記憶をたどって色々ググった結果、『下関異人館』という店だったことが判明。

f:id:d_ymkw:20200501230445j:plain

さらに2009年に閉店されたことが判明した。

www.youtube.com

のだけど、さらに調べると、今は『自家焙煎コーヒーの店・ユニーク』を営まれていることが判明。

必ずや、お礼参りに行こうと思ったのであった。

2020.4末